NPO法人 アジア・レインボー 本文へジャンプ

HOME

1.ベトナムの現状 2. ドンナイ省
   ラムドン省の現状
3.アジア・レインボー
  の方針
4.オランダ  
インクルージョン教育調査
5.目的達成の
  活動1
6.活動1.
  キーティチャーの育成研修
7.目的達成の活動2 8.活動2.
  専門家派遣研修

9. 活動1&2のモニタリング

10. モニタリング 2014年度事業成果

2014年度実施事業

事業の成果(研修を受けた教師)   理解
学校内研修は実施している。最近は、グループ学習をよく実施している。小学校の机は2人座りなので、机を並べ変えてグループ学習ができる。学校内で私はIEPの作成演習を実施したので、この学校の教師はIEPが作成できる。
インクルージョン教育はいいと思う。校内研修は実施した。IEP作成演習をした。インクルージョン教育が始まって、担任の教師は忙しい。教師が担任をする前によく話し合うので、問題はない。
地区研修の教え方は、わかりやすい。ワークショップや討論会も多い。私は、地区研修から戻ってすぐこの小学校の先生のための研修を実施した。参加者は10名であった。校内研修の成果は出ている。研修前、教師たちは、障害ある児童とない児童に同じカリキュラムを教えていた。研修後は、障害ある児童とない児童と違うカリキュラムで教えている。先生方は、皆、IEPを作成している。
インクルージョン教育はいいことであるが、難しい問題も多い。しかし、児童がインクルージョン教育によって社会に参加できることは非常にいい。
研修前、障害ある児童への関わり方がわからなかった。今は、よくわかる。地区研修では、障害ある児童の認識について教えた。私は同僚に学んだことを伝えている。
研修前の学校の状態は、障害ある児童がいて、受け入れた先生が悩んでいたので、研修後、私は先生方の支援ができて、とてもいいです。
前は、障害ある児童にも普通のカリキュラムを教えていて、評価も同じものを使っていた。でも研修後、このような問題が解決した。教師はIEPも作成できて、IEPに基づいて教えている。最初、先生方は、「なぜ、私が教えるのか」と反対した。しかし、IEPを習ってから、ストレスなく教えることができたので、教師に不満はなくなった。


事業の成果(研修を受けた教師)   児童の学習(能力)に合わせる
一般授業の時間外に障害の児童に復習をしたりする。児童の勉強が進歩している。自分の黒板に文字が書けるようになった。
児童の理解レベルにあわせているので、現在1年性の教科書とコミュニケーションを主に教えている。進歩の速度がやや遅いが、見られている。IEPを作っている。
児童の書き練習が遅いため、教える時間がいつもより掛かる。繰り返すという方法で児童を教えている。学習面でも社会スキルでも進歩が見られた。
一般の授業を終わってから、児童ための教え時間を作ってやる。児童の認識が限れているので、教材などを使って課題を与える。IEPは毎2ヶ月に作り副校長が承認してもらう。現在IEPの通りに教育しているので、問題がほとんどない。
授業中はクラスの前に座らせたり、授業以外の時間に個別に教えたりする。
児童は前に3年生のクラスに行っていたが、クラスの勉強に付いて行けないため、今年1年生に戻る。児童の個別教育内容はクラスメートより簡単で易しいものだ。
児童の理解能力が低かったため、同じ課題で何回も繰り返したり、サンプル・モデルを作ったりする。
児童に対する教育方法は時間をかけて何回も教える。児童の学習力に合わせて教育するので、ストレスなどはない。クラスの活動には児童の健康により参加するかしないか自分で決める。
できる限り児童のために時間を作って教える。課題ができた時に、クラスの前で褒めたり、ミスがある時は友達に教えてもらったりする。
児童の集中力が無さそうであれば、違うタスクを与え、学習を続けてもらう。
児童の目が弱いので黒板の近くに座らせたりする。
児童に知識よりスキルを主に教えている。
授業以外の時間を作って個別に教えたり、成績が良いクラスメートの近くに座らせたりする。
クラスの人数は50名なので、毎日に児童ための時間が本当にあまり無かったが、クラスをグループに分けたり勉強が良い他の児童のそばに座らせたりする。最近、児童のコミュニケーション能力が良くなった。
クラス内ではグループごとに勉強しているから、障害の児童でも参加しやいと思う。
児童によく話しかけたりするので、何があっても直に解決できる。

 
事業の成果(研修を受けた教師) 同級生との交流、支援
クラスメートは児童の支援や遊びが大好きで、いつも仲良くしている。
児童は殆ど先生に話しかけていないが、同じ少数民族の友達なら、楽しく話したり遊んだりする。
学年の始めごろはクラスメートにいたずらしたりしたが、最近はもう無くなった。
児童の勉強が良く、クラスメートも優しい。
クラスメートと仲良くしている。
最近、児童のコミュニケーション能力が良くなった。クラスメートと仲良く遊んでいる。
児童はクラスの活動を全て参加し、コミュニケーションも良くできている。クラスメートは児童の支援や遊びが大好きで、いつも仲良くしている。
クラス内には児童が自信を持って意見交換などをしている。クラスメートも児童のことが好きで、見守っている。
現在児童はクラスの前に立って歌も歌えるようになった。
校内の休憩時間はクラスメートと楽しく過ごしている。
体調は弱いが、いつもクラスの活動に入って見守っている。学年の始まったごろ、クラスでよく説明したので、いじめなどはなく、仲良く助けている。
クラスの活動には児童の健康にに合わせて参加するかしないか自分で決める。クラスメートとの交流は問題なしである
課題ができた時にクラスの中で褒めたり、ミスがある時は友達に教えてもらったりする。クラスメートと仲良く遊んでいる
ゲームのルールが理解できないので、友達は児童とあまり遊んでいない。クラス内にはいじめなどがない。
児童の足が弱いが、体育の時間が大好きで、いつもクラスメートと一緒に外へ出る。
 何年先、何十年先の未来に武器が生産されない未来が来ることを願って活動しています。